【一人で思考整理をする方法】セルフディスカッション

1+

セルフディスカッションは、私が勝手にそうつけている言葉です。本当は、誰かに話を聞いてもらいながら思考を整理し深めることが望ましいのですが、それができない時や、逆に、まずは自分だけで考えたいと思うときに役立つ方法です。

私は、自分のメンタルケアのために、20年ほど前からアメリカのストレスケアプログラムを学び始め、今でも心理学や脳科学を学び続けています。
日本では、いまもまだカウンセリングを気軽に受けるという社会ではありませんが、カウンセリングやコーチングも、基本的には「聞く」ということが主軸です。そして、相談に訪れた人の心の中にある答えを、その人自身が導き出す手助けをするものです。そして、今回のセルフディスカッションは、それを1人で行える簡単な方法です。もちろん、最も良いのは、誰かに話を聞いてもらうということですが、新型コロナウイルスによって、人と会うことがはばかれるいま、1人で行える方法ですのでご参考ください。

ちなみに、私がこのセルフディスカッションを行うのは、例えば、嫌なことがあったとき、仕事のアイディアを形にしたいとき、不安があるときなど様々です。


やり方はいたって簡単です。

1.ペンとノートを用意する
●ペンは、自分が書いていて心地が良いものをおすすめします。
高級なペンの方がモチベーションが上がるという方は、そういうペンをお使いください。私は、100円程度の黒のボールペンです。スラスラ書けて書いているの楽しいので、そのペンを使っています。

●ノートは罫線のないものがおすすめです。
ノートに罫線がない方が、自由度が増すと感じています。単に文字を書くだけでなく、絵や図など、自分が思うところに、思うままに書けると感じるノートをお使いください。


2.心の中に残っていることを書く
●書く内容は、どんなことでも構いません。
その時の、自分の心の中に残っていることを書きます。

●最初の1行を書いたら、その文章の中にある言葉を手がかりに深掘りします。
例えば、つい先日、私はこんなことを最初に書きました。
「新しいサービスを始めるときにマイナスやリスクが気になって、ついついそこに目を向けてしまう。以前までは、もっと勢いがあったように思うのに。」
この文章の後に、「なぜ、リスクを回避したいのか?」と書きました。
そして次に「リスクとはどういうこと?」→「私の思っているリスクは、より良いサービスを提供するために足りないと思うこと。」→「より良いサービスとは?」→「より良いサービスは、相手が喜んでくれること。わかりやすさ、成果、評価など」→「現時点で、それはできていないのか?」→「充分に相手は喜んでくれているし、成果も出ていて、評価ももらっている」→「ではなぜ、リスクを回避したいのか?」→「新しいサービスであるということの不安」→「不安とは?」→「人が集まらなかったらどうしよう?とか、準備が大変だと感じてしまうとか」→「それらが解決すれば不安はなくなるのか?」→「・・・・・・そうじゃない、自分ができるかどうかが不安」→「自分ができるかどうかは、どうすれば克服できる?」→「今までどうやって克服してきただろうか?・・・思い返すと、やりながら修正してきた。」→「やりながら修正は可能なのか?」といった具合に、書き出していきます。


3.深堀りする際の主なポイント
①「なぜ?」という問いかけをすること。
②「抽象的な言葉」について具体的な答えを考えること。
③これまでの「自分の成功体験」や「強み」を思い返してみること。



こうすることで、何だかわらかない不安が明確になって、自分の中で答えを見つけることができるようになります。



新型コロナウイルスの感染拡大で人に会う機会がめっきり減り、ちょっとした雑談や悩みを話すこともできずに、自分の中に溜めてしまっている人は少なく無いと思います。最初のうちは、大して気にらずに生活していても、時が経つにつれて、多くの人が「誰かと話したい」「日々のちょっとしたことを友達と仲間と話したい」「子育てや家事の不満を言い合いたい」「仕事の愚痴や不満を聞いてほしい」などと思っているのではないでしょうか。

「話す」は「放す」とも言われます。
心の中に溜まっていることを「話して手放す」ことで、心に余裕が生まれます。
だから、一番良いのは、誰かに連絡を取って話をすることです。
けれど、それが叶わない時は、セルフディスカッションを試してみてください。最初はほんの5分程度、思うままに書いてみるだけでも良いですよ。そして可能な限り、毎日、続けてみることをおすすめします。


私は毎日、夜寝る前に、10分程度書いています。
その日に行う予定にしていたタスクをチェックして、次の日のタスクを書いて、それからその日のセルフディスカッションを行っています。それだけで、ずいぶんと頭がスッキリして安心して眠りにつくことができます。

セルフディスカッション。自分の中にある答えに出会えると思いますよ。



企業研修や音声波形診断を用いたエグゼクティブ向け話し方トレーニングなどを行っています。
お問い合わせは、弊社ホームページのお問い合わせからお気軽にどうぞ。



https://united-waves.jp



カテゴリー:

返信がありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

三島澄恵プロフィール
福岡出身 現在は東京で活動。 ユナイテッドウェーブス合同会社代表。 元NHK-FMラジオパーソナリティでTVのナレーター・リポーターなどを経て、学校教育にも関る。これまでインタビューした著名人は2000人を超える。 その経験や知識をブログに綴っています。 一人カラオケで発声練習しています🎤 30代半ばで、仕事の拠点を東京に移しフリーアナウンサーとして活動をスタートする。NHK関連のイベントや 企業イベント、記者発表など様々な司会の仕事に加え、企業研修にも取り組む。 企業研修では、経験に裏打ちされた実践的な内容を元に、脳科学や心理学・ストレスケア、カウンセリング理論 などを取り入れ独自に開発。また、その都度、依頼に合わせたプログラムを提案している。研修のリピート率は 98%を超え、満足度も95%を超える高い評価を得ている。 また 、国家資格であるキャリアコンサルタントとして、働く人の職業キャリアについ てのコンサルティングも行い、全ての人が豊かな人生をおくるサポートを行っている。企業はもちろん、学校・地域団体など、様々な業界や公的機関などで研修や講演会の依頼を受けている。 特技・趣味:剣道(初段)、ヨガ、メディアアート鑑賞 NHK杯全国高校放送コンテスト全国2位(アナウンス部門)
2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
カテゴリー
アーカイブ